« 俺ギター録り 2 | トップページ | 書きかけのまま »

2007.07.02

digidesign『MBOX2 PRO / Protools LE 7』

とりえず3曲のギター録りを済ませた後、『ACID Pro 6.0』で音源を切ったり張ったり切ったり張ったりしてヘタクソな演奏をなんとか聴けるトコまでもって行けそうな感じだな~と思いつつ、会社から帰宅してちょっと聴き返して微調整したりしてみてはいるものの、エフェクト関係とかがなんか納得行かずの毎晩……。

20070702a「やはりコレは秘密兵器の出番だよそうだよそうだよ出番だよ」ってなわけでこの週末、ついに到着したままセッティングやらアレコレが面倒で面倒で面倒なので放置気味であった新兵器!! digidesignの『MBOX2 PRO』っていうかそれにバンドルされた『Protools LE 7』をセッティングしてみましてのでございます。ご存知の方はご存知かと思いますが、世界的(?)にスタジオ標準なプロユース・デジタル・レコーディング・システムからソフトを切り出した製品でございます。いや、こんな物入手して放置してたらバチあたりますんですよホントは。

で、なんか面倒に感じてたのは、この機材にはケッコウ相性問題があるような情報をNET上やら書籍やらから得ていたからで、“セットアップもして動かない”とかの状況になると、平日の夜だと朝までアレコレ設定試しまくって寝れなくなりそうだし、週末ならダークな気分になりつつ、「チッ!! しょうがねぇなぁ。相性問題の無さそうなMAC proでも買っちまうかコン畜生!!」とか考えたあげく、酒が入ってたらついつい勢いでオンラインで購入しちまいそうなので、精神的余裕とシラフさが必要だったわけでございます。

がしかし、実際にセッティングしてみたらとりあえず俺のPC環境では今のトコ問題無し。これから先、アレコレいじってみたら不具合とかあるのかもしれませんがまぁひと安心ですわ。

20070702bいや~しかしスゲーな『Protools LE 7』やっぱしプロユースなソフトだけありますわ。ちょこちょこいじってみただけでもその機能に感動。が、それだけに動作がケッコウ重いですコレ。ACIDの軽快さに慣れちゃってると音を再生しながらのリアルタイムエディットとかはケッコウきついです。ちなみに俺の環境はPentium4 Xeon 3GHz Dualなんですが、これでこの重さって事は、快適に運用するには最新のXeon Dual環境(Quad Core の最低ラインでも1個5万ぐらいのCPU2個)が必要かと……。あといちおうACIDのLOOP音源とかにも対応しているんですが、それらの編集はやっぱしACID上でやった方が楽かと思いました(あたりまえですが)。

短時間触った印象だと、少なくとも俺のPC環境やエディットしている内容においては、“ACID上でLOOPネタと合わせてザックリ楽曲の構成を決めてから各トラックを.WEVファイルに書き出してProtoolsに読み込んでミックス作業”ってのがいいかな~とか考え中。

ともかく、凄いのはわかったのでもう少し使い込んでみます。

っていうかアレだ、こういった高CPU負荷系ソフトを使うともうひと回り高性能なPCがホシくなってしまうのが怖いトコですわ。

| [音楽] |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15520/15629555

この記事へのトラックバック一覧です: digidesign『MBOX2 PRO / Protools LE 7』:

コメント

http://www.h-resolution.com/ableton/live6_1.html

Liveは触った事ありますか?
Loopネタと生音をごっちゃで使うならオススメですよ。

投稿者: hironao (Jul 3, 2007 2:18:46 AM)

> HIRONAOさん

お~なんかACID風の画面かつ使いやすそうな匂いのするソフトですねぇ。
で、よく見たらMbox2に『Live Lite 6』って機能限定版が付属していたので、試してみます。

投稿者: CHACKEY (Jul 3, 2007 8:40:24 PM)

コメントを書く